形式

アクティブサスペンション - 車両形式

アクティブサスペンションとは、動力を使用した振動抑制装置付きサスペンションの総称です。ここではアクティブサスペンションを採用した車両を含む形式のニュースや鉄道フォトをまとめて紹介します。 アクティブサスペンションは、車両での左右方向の振動をセンサーで検知して、アクチュエータで振動とは逆の方向に適切な力を発生させることで、振動を抑える装置です。動力を使用しないセミアクティブサスペンションに比べて、効果的に振動を抑制することができます。 500系やE7・W7系などの新幹線、AE形スカイライナー、E353系などの高速走行を行う車両や、クルーズトレイン「ななつ星in九州」で使用される77系など、乗り心地が重要となる優等列車に多く採用されています。

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

Recommend おすすめコンテンツ