JR苗穂駅、11月17日に新駅舎が開業 パネル展の実施や記念入場券販売

画像:新駅舎と自由通路南口昇降棟
新駅舎と自由通路南口昇降棟

©JR北海道

JR北海道は、2018年11月3日(土・祝)に、札幌駅が高架駅として開業して30周年を迎えることや、11月17日(土)に苗穂駅の新駅舎が開業することから、「札幌駅30周年&苗穂駅新駅舎開業キャンペーン」を実施します。

このキャンペーンの一環として、苗穂駅では新駅開業パネル展の開催や、記念入場券の販売などを行います。

新駅開業パネル展は、11月17日(土)から1週間程度開催されます。内容は懐かしい写真とともに、同駅の歴史を紹介するほか、新駅舎の概要などを紹介するものです。

記念乗車券は、11月17日(土)の5時30分から販売されます。販売場所は苗穂駅のみです。販売額は1枚170円で、4,000枚限定で販売されます。なお、小児用の設定はありません。

キャンペーンの詳しい内容などは、JR北海道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/11/17から

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: