JR東、水戸地区でE653系を復活へ 485系「ひたち」をイメージした塗装に

画像:デザインイメージ
デザインイメージ

©JR東日本 水戸支社

JR東日本水戸支社は2018年10月19日(金)、2013年まで水戸地区で運転していたE653系車両を、約5年ぶりに復活させると公表しました。

水戸地区におけるE653系は、1997年10月から2013年3月まで、常磐線特急「フレッシュひたち」として上野~いわき間で営業運転をしていましたが、E657系車両の導入に伴い、水戸支社管内での営業運転をとりやめていました。

水戸支社管内で復活するE653系は、かつての485系「ひたち」の塗装イメージが施される計画で、2019年春ごろには臨時列車として営業運転を開始する予定です。

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: