東急、有料座席指定サービス「Q SEAT」を12月14日から導入へ

画像:「Q SEAT」車両とロゴマークのイメージ
「Q SEAT」車両とロゴマークのイメージ

©東急電鉄

東急電鉄は、同社では初となる有料座席指定サービス「Q SEAT」を、2018年12月14日(金)から大井町線、田園都市線の大井町~長津田間で営業開始します。

このサービスは、平日の夜間帯に大井町を利用した田園都市線方面に帰宅する利用者の着席ニーズに応えるものとして、導入されるものです。

「Q SEAT」として運用する車両は、7両編成の6020系のうち、大井町側から3両目の3号車を、ロングシートからクロスシートに転換できる車両に置き換えて投入します。既存車両よりも広い座席、電源コンセントとカップホルダーを設置しているほか、車内Wi-Fiサービスも無料で利用できます。座席数はクロスシート36席、ロングシート9席の合計45席です。

「Q SEAT」の運行車両は大井町発の急行長津田行きです。有料座席サービスの対象の区間は、大井町~たまプラーザ間で、有料座席指定サービス乗降可能駅は、大井町、旗の台、大岡山、自由が丘、降車専用駅は二子玉川、溝の口、鷺沼、フリー乗降駅は、たまプラーザ、あざみ野、青葉台とされています。指定料金は400円の均一料金です。

当初の運行列車の運行時刻は、大井町発19時30分、20時30分、21時20分、22時27分、23時9分とされています。

指定券の販売は、大井町、旗の台、大岡山、自由が丘の駅窓口での販売のほか、販売専用サイト「Qシートチケットレスサービス」から行います。

なお、愛称は、3月27日(火)から5月6日(日)までの間に公募が行われており、総応募件数3,585件の中から、東急の「Q」、品質の「Quality」の「Q」、迅速の「Quick」の「Q」に、座席を表す「SEAT」を加えられた、「Q SEAT」が選定されました。

詳しくは、東急電鉄のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/12/14から

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: