西武鉄道、新型特急車両「Laview」が2019年3月デビュー

画像:車両外観
車両外観

©西武鉄道

西武鉄道は2018年10月29日(月)、10000系「ニューレッドアロー」から25年ぶりの登場となる新型特急車両「Laview(ラビュー)」について、2019年3月にデビューすると発表しました。「Laview」は、外観・内観ともに「いままでに見たことのない新しい車両」が形となったもので、これからの西武鉄道の未来を担う新たなフラッグシップトレインとなります。

車両形式は、「次の100年に向けた出発点である車両」を表現するため、100年を逆から表した「001」と表記とし、「∞(無限)」の可能性の意味を込め、「001系」としました。

愛称の「Laview」は、贅沢(Luxury)なリビング(Living)のような空間の「L」、矢(arrow)のような速達性から「a」、大きな窓から移りゆく眺望(view)から「view」をとり、命名されています。

車体デザインは、建築家の妹島和世さんが監修、座席シートや床面などのテキスタイルはデザイナーの安東陽子さん、天井照明をはじめとする車内の照明デザインは照明家の豊久将三さんが担当しています。

エクステリアは、前面ガラスに国内初となる曲線半径1500ミリメートルの三次元の曲面ガラスを採用、客室窓は等間隔に縦1350ミリメートル、横1580ミリメートルにもなる大型窓ガラスを配置し、沿線景色の大パノラマを楽しめるとしています。

座席は、乗客の背丈サイズに合わせて調節できる手動式可動枕を設置したほか、各座席にAC100Vの電源コンセントを設置しました。またテーブルは、従来の背面テーブルに加え、向かい合わせに座席を転換しても使用できるインアームテーブルも設置し、ビジネスシーンに加え、秩父などへのグループ観光にも適した機能面のバージョンアップを図りました。

制作車両数は、8両7編成の合計56両を予定しており、2018年度に16両、2019年度に40両が投入されます。

運行の予定は、2018年度から2019年度にかけて、順次、池袋線と西武秩父線で運行中の10000系「ニューレッドアロー」から置き換え、「ちちぶ号」「むさし号」として運行します。停車駅、特急料金は、従来と同様の構成になります。詳しくは、西武鉄道のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)