中央東線特急、2019年春にE353系に統一 新たな着席サービスを導入

画像:E353系 イメージ
E353系 イメージ

©JR東日本

JR東日本は、2018年10月30日(火)に、中央本線の千葉、東京、新宿~甲府、松本、南小谷間を運転する特急「あずさ」「かいじ」について、2019年春に、一部の臨時列車を除き、新型車両のE353系に統一し、新たな着席サービスを導入すると発表しました。

導入するサービスは、常磐線特急の「ひたち」「ときわ」で先行して導入している着席サービスで、普通車の全席で事前に座席指定が可能となるほか、座席の指定を受けなくても車内で空席を利用できます。

また、特急料金は、シンプルで購入しやすい料金体系とするほか、スマートフォンや携帯電話から座席指定を受け、駅で特急券を受け取らずに、そのまま乗車できる「えきねっとチケットレスサービス」を導入します。

そのほか、「えきねっとトクだ値(乗車券つき)」を新価格で設定するほか、早めの申込みで、さらに割安となる「お先にトクだ値(乗車券つき)」を新規に設定します。

詳しくは、JR東日本のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: