西鉄とトヨタ、福岡市でマルチモーダルモビリティサービスの実証実験開始

画像:マルチモーダルルート検索 イメージ
マルチモーダルルート検索 イメージ

©西日本鉄道

西日本鉄道とトヨタ自動車は、2018年11月1日(木)から、交通および店舗・イベント情報のサービサー8社と協力し、スマートフォン向けマルチモーダルモビリティサービス「my route(マイルート)」の実証実験を福岡市で行います。

「my route」は、バス・鉄道・地下鉄などの公共交通、タクシー・レンタカー・自家用車などの自動車、自転車、徒歩など様々な移動手段を組み合わせてルートを検索し、必要に応じて予約・決済まで行うことで、移動をサポートするサービスです。

今回の実験では、トヨタはアプリと決済プラットフォームの開発・運営やトヨタのレンタカーの情報提供を担い、西鉄はバスの位置情報や、西鉄グループが持つ店舗・イベント情報の提供を行うとともに、アプリ内限定で福岡市内フリー乗車券のデジタル版を西鉄として初めて販売します。なお、実験の期間は、2019年3月31日(日)までの予定です。

両社は、今回の実験を通じ、マルチモーダルモビリティサービスの実用性や改善点について検証し、生活者や観光客にとって利便性の高いサービスの提供について検討していくとしています。

詳しくは、西日本鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/11/01 〜 2019/03/31

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: