東武の「スノーパル23:55」、2018年度は「リバティ」で運転

画像:東武500系 リバティ
東武500系 リバティ

©東武鉄道

東武鉄道は、2018年11月1日(木)に、今年度も東武トップツアーと共同で、2018年12月28日(金)から2019年3月23日(土)までの金曜日と土曜日に、全座席指定のスキー・スノーボード専用夜行列車「スノーパル23:55(ニーサンゴーゴー)」を運転します。

この列車は、浅草駅を23時55分に出発し、途中、北千住、新越谷、春日部に停車し、野岩鉄道の会津高原尾瀬口まで、直通運転する夜行列車です。昨年度までは、300系が使用されていましたが、今年度は500系「リバティ」の3両編成が使用されます。

「スノーパル23:55」は、東武トップツアーズの旅行商品として販売で、乗車駅から会津高原尾瀬口駅までの往復割引運賃と往路の特急料金、連絡バスの往復割引運賃およびスキー場の一日リフト券などがセットで取り扱いされます。

詳しくは、東武鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/12/28 〜 2019/03/23

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: