近鉄、2018/2019年の年末年始期間中の臨時列車について発表

ニュース画像:近畿日本鉄道 - 「近鉄、2018/2019年の年末年始期間中の臨時列車について発表」
近畿日本鉄道

©RailLab News

近畿日本鉄道は2018年11月8日(木)、2018年から2019年にかけての年末年始期間中に運転される臨時列車や、大晦日から元旦にかけての終夜運転の概要について発表しました。今年度も大阪および名古屋方面から伊勢方面に向かう列車を中心に、臨時列車を設定するほか、運転区間の延長や特急列車の編成両数の増結を実施します。

大晦日から元旦にかけての終夜運転では、大阪地区において特急57本、急行など254本、名古屋地区において特急29本、急行など56本を運転します。ケーブルおよびロープウェイでも163往復の臨時便を運転します。

2019年1月1日(火・祝)から1月6日(日)までと、1月12日(土)から1月14日(月・祝)までの期間には、初詣に便利な列車として、大阪方面~伊勢方面を結ぶ臨時列車を96本、名古屋地区で臨時特急を137本、臨時急行などを33本運転するほか、1月1日(火・祝)から1月3日(木)の期間には、大阪阿部野橋~橿原神宮前間に臨時急行を66本運転します、

なお、近鉄では2018年12月29日(土)から2019年1月3日(木)までの期間は、曜日に関わらず土・休日ダイヤで運転します。詳しくは、近畿日本鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/12/29 〜 2019/01/14

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ