東武鉄道、大手私鉄で初めて蒸気機関車の復元に挑戦へ

画像:復元予定のC-11、雄別炭礦鉄道時代。石川一造さん撮影
復元予定のC-11、雄別炭礦鉄道時代。石川一造さん撮影

©石川一造

東武鉄道は、2018年11月8日(木)に、日本鉄道保存協会が静態保存しているC11形蒸気機関車を、動態保存を目的とした復元に着手すると発表しました。蒸気機関車を動態保存用として、復元するのは大手私鉄として初めて試みです。

復元対象となるC11形は、1947年に滋賀県の江若鉄道が日本車輛製造に発注した機関車です。1957年には北海道の雄別炭礦鉄道、1970年には同じく北海道の釧路開発埠頭に譲渡されています。復元予定日は2020年の冬で、復元作業は同社の南栗橋SL検修庫で行います。

東武鉄道では、2017年から鬼怒川線で運行中の「SL大樹」の運転目的のひとつを、「鉄道産業文化遺産の保存と活用」と掲げています。今回の復元作業を通じ、日常の保守のみならず、SL全般の技術力を磨き上げていくとしています。また、復元機を活用することで、日光・鬼怒川エリアでの年間を通してのSL安定運転が可能となるほか、他線区でのイベント運転等も検討できるとしています。

詳しくは、東武鉄道のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: