JR東日本、埼玉と栃木の子供たちに「出前授業」を実施

JR東日本大宮支社は2018年11月21日(水)と11月25日(日)に、社員が出向いて授業を行う「出前授業」を行います。

これは、持続可能な社会に貢献するため、子どもたちに「環境問題」や「社会とのつながり」を理解してもらうことを目的に実施するものです。

11月21日(水)は、JRさいたま新都心ビル内保育園の園児に対し、同社の環境の取組みに関するクイズを出題したり、さいたま新都心駅の設備を案内したりします。

11月25日(日)は、烏山線のEV-E301系「ACCUM」を用いて、那須烏山市内の小学校4年生から6年生および保護者に対し、同社の環境の取組みや設備等について解説を行います。

詳しくは、JR東日本のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/11/21 〜 2018/11/25

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)