奥羽本線津軽湯の沢駅、12月から3月までの冬期期間は全列車が通過へ

JR東日本秋田支社は2018年12月1日(土)から2019年3月31日(日)までの冬季期間、奥羽本線の津軽湯の沢駅について、全列車を通過すると発表しました。

同駅は青森県平川市に所在し、秋田県との県境に近い無人駅で、定期の普通列車の一部で通過しています。全列車通過は、利用が極めて少なく、冬期期間の運行管理を検討したうえでの措置です。2019年度以降も継続して通過することになります。

これにより、期間中に津軽湯の沢駅を新たに通過する列車は、上り8本、下り8本の合計16本です。JR東日本では、事前に関係自治体および住民説明会を実施しています。

期日: 2018/12/01 〜 2019/03/31

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ