只見線の会津若松~只見間、雪害対策のため速度を落として運転

画像:時刻変更 告知
時刻変更 告知

©JR東日本 仙台支社

JR東日本仙台支社は、2019年1月21日(月)から3月31日(日)までの期間、只見線の会津若松~会津川口間と、会津川口~只見間の代行バスの運転時刻を変更して運転します。

これは会津柳津~会津川口間において、冬期間の雪崩・落雪対策として、列車の速度を落として運転するためです。該当の区間を運転する全列車が対象となります。なお、只見~小出間では、運転時刻の変更はありません。

これに伴い、上り最終列車の「434D」の運転時刻は、会津川口19時33分発、会津若松21時30分着となり、磐越西線の上り最終列車となる会津若松21時1分発の郡山行き「1240M」には、接続しなくなるので、注意が必要です。

詳しい運転時刻は、JR東日本仙台支社のウェブサイトを参照ください。

期日: 2019/01/21 〜 2019/03/31

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)