烏山線のキハ40形が3月3日で引退 JR東が記念イベントを開催へ

ニュース画像:引退記念の入場券台紙(左)とヘッドマーク(右) - 「烏山線のキハ40形が3月3日で引退 JR東が記念イベントを開催へ」
引退記念の入場券台紙(左)とヘッドマーク(右)

©JR東日本 大宮支社

JR東日本大宮支社は2017年2月9日(木)、烏山線で運行しているキハ40形気動車について、3月3日(金)をもって引退し、翌3月4日(土)から全ての車両が蓄電池電車のEV-E301系、「ACCUM(アキュム)」に置き換わると発表しました。この退役により、関東圏では現役で走行するキハ40形が消滅します。JR東日本では引退を記念した各種イベントを2月18日(土)から3月3日(金)まで開催します。

引退当日となる3月3日(金)は、引退を記念したオリジナルヘッドマークを付けたキハ40形が運行されます。列車は3両に増結して運転され、宇都宮〜烏山間を2往復する予定です。また、15時頃から宇都宮駅で、16時30分頃はから烏山駅で、列車の見送り、出迎えイベントが実施されます。途中の宝積寺駅、仁井田駅、大金駅でも駅社員や名誉駅長などによる横断幕での見送りが予定されています。

2月24日(金)からは、「ありがとう 烏山線キハ40形 記念入場券」と、キハ40形をデザインしたオリジナル記念弁当が販売されます。記念乗車券は宇都宮駅、宝積寺駅、烏山駅の3駅で販売され、価格は1,400円、記念弁当は宇都宮駅と烏山駅前マルシェで販売され、価格は1,000円です。

このほか、キハ40形へのメッセージを記入できるコーナーの設置や、絵画や写真を展示するアートギャラリー、烏山駅前でのマルシェの開催などが予定されています。イベントの詳細など詳しくは、JR東日本大宮支社のウェブサイトを参照ください。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ