地下鉄博物館、3月7日から特別展「東西線車両の技術変遷展」を開催

ニュース画像:特別展「東西線車両の技術変遷展」 - 「地下鉄博物館、3月7日から特別展「東西線車両の技術変遷展」を開催」
特別展「東西線車両の技術変遷展」

©地下鉄博物館

東京メトロ東西線の葛西駅に隣接する地下鉄博物館は、2017年3月7日(火)から4月16日(日)までの期間、館内の企画展示コーナーにおいて特別展「東西線車両の技術変遷展」を開催します。

この特別展は、東西線開業当初の5000系車両から05系、2010年に登場した15000系に至るまでの車両技術の変遷について、それぞれの車両の特徴のほか、輸送改善に向けた取り組みなどを、歴史年表や写真パネルなどで紹介するものです。

地下鉄博物館は、毎週月曜日を除く10時から17時まで開館、入館は16時30分までとなっています。入館料は大人210円、子ども100円です。

企画展の詳細など、詳しくは地下鉄博物館のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/03/07 〜 2017/04/16

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)