JR四国、113系の走行を味わう企画旅行を開催 モーター車プランも

画像:「元横コツ113系0’番台リニューアル車でゆく 愛と記憶のMT-54ツアー」
「元横コツ113系0’番台リニューアル車でゆく 愛と記憶のMT-54ツアー」

©JR四国

JR四国は2019年1月13日(日)に、「響けドアチャイム!起動せよブロワー!! 元横コツ113系0’番台リニューアル車でゆく 愛と記憶のMT-54ツアー」と題し、113系電車の走行を味わう企画旅行を開催します。

113系は、老朽化した111系電車の老朽置き換え用として、2000年にJR東日本から購入し、改造を施した形式で、通常は早朝および夜間の通勤・通学時間帯の運転が中心となっています。ツアータイトルの「横コツ」は、JR東日本時代の所属車両基地である国府津電車区(現・国府津車両センター)を、「MT-54」はモーターの型式を表します。

今回のツアーでは、定期列車では体験できない予讃線坂出駅以西での通過運転、特急列車停車駅の通過を行うほか、特製掛け紙付き弁当が昼食についてきます。行程は8時30分頃に高松駅を出発し、伊予西条駅、琴平駅を経由して、16時30分頃に高松駅に戻ってきます。

プランは、モーター無しの車両に乗車する「クハプラン」と、走行音をより楽しめるモーター付きの電動車に乗車する「モハプラン」の2つが設定されています。旅行代金は、「クハプラン」が大人8,800円、こども7,500円、「モハプラン」が大人9,800円、こども8,500円です。

申し込みは、JR四国ツアーのウェブサイトで、2018年12月7日(金)の10時から受け付けます。同ウェブサイト内で検索する際は「地域限定おトクなツアー ワープ高知支店主催」で、検索すると表示されます。なお、定員は「クハプラン」が30名、「モハプラン」は60名に設定されており、人数に達し次第、締め切りとなります。

期日: 2018/12/07 〜 2019/01/13

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: