東京メトロ、日比谷線霞ケ関~神谷町間の新駅を「虎ノ門ヒルズ」に決定

画像:駅名標「虎ノ門ヒルズ駅」
駅名標「虎ノ門ヒルズ駅」

©東京メトロ

東京メトロは2018年12月5日(水)、2020年開業予定の日比谷線の霞ケ関~神谷町間の新駅について、駅名を「虎ノ門ヒルズ」に決定したと発表しました。

同駅は、「まちと一体となった新たな駅」を目指して整備が進められており、最終完成時には
周辺再開発事業において整備される建物「(仮称)虎ノ門ヒルズステーションタワー」などとつながることを踏まえ、「明確でわかりやすく」、「まちと一体となった新たな駅」に相応しい名称として選定されました。

駅の供用開始時期は2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催前の時期を目指していますが、駅や建物全体の完成は2020年度の予定です。銀座線の虎ノ門駅とは乗換駅で同一駅扱いとなります。

新駅「虎ノ門ヒルズ」の供用開始に伴い、日比谷線の駅ナンバリングは、同駅に「H06」を挿入し、霞ケ関~北千住間の駅番号は変更されます。

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: