東武鉄道、大晦日の終電繰り下げと元旦の初電繰上げを実施へ 終夜運転も

ニュース画像:ヘッドマークデザイン - 「東武鉄道、大晦日の終電繰り下げと元旦の初電繰上げを実施へ 終夜運転も」
ヘッドマークデザイン

©東武鉄道

東武鉄道は2018年12月31日(月)から2019年1月1日(火・祝)の元旦にかけて、終夜運転および終列車の繰り下げ、始発列車の繰り上げ運転を実施します。

終夜運転は、12月31日(月)の深夜から1月1日(火・祝)にかけて実施されるもので、東武スカイツリーライン浅草~竹ノ塚間では約35分から60分間隔、大師線西新井~大師前間では約10分から45分間隔で運行されます。

12月31日(月)の終電繰り下げでは、東武スカイツリーラインで通常の北春日部発終列車23時34分発浅草行の後、0時10分発浅草行を運転します。また東上線では、通常の川越市発終列車23時35分発池袋行の後、0時13分発池袋行を、通常の志木発終列車23時53分発池袋行の後、0時31分発、0時52分発池袋行を、通常の池袋発0時35分発成増行の後、1時9分発志木行を運転します。なお、川越市0時13分発の列車は、通常小川町23時32分発の川越市行を、池袋行として延長運転します。

1月1日(火・祝)の初電繰り上げでは、東武スカイツリーラインで通常の北春日部発初列車5時発浅草行の前に、4時10分発浅草行を運転します。東上線では、通常の志木発初列車4時57分発池袋行の前に3時48分発池袋行を、通常の池袋発初列車5時3分発小川町行の前に4時5分発川越市行、4時25分発小川町行を運転します。なお、池袋4時25分発の列車は、通常志木4時53分発の小川町行を、池袋始発として延長運転します。

また1月1日(火・祝)から1月3日(木)は、大師線西新井~大師前間で列車を増発し、通常10分の運転間隔が約8分から10分間隔の臨時ダイヤで運転するほか、三が日に大師線で運行する列車には、2019年の干支・亥をデザインしたヘッドマークを掲出して運転します。詳しくは、東武鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2018/12/31 〜 2019/01/03

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ