今里筋線延伸部BRT「いまざとライナー」、社会実験を4月1日開始

ニュース画像:「いまざとライナー」ロゴと車両デザイン - 「今里筋線延伸部BRT「いまざとライナー」、社会実験を4月1日開始」
「いまざとライナー」ロゴと車両デザイン

©Osaka Metro

Osaka Metroと大阪市都市交通局は2019年4月1日(月)から、BRT(バス・ラピッド・トランジット)の「いまざとライナー」の社会実験を開始します。

この路線は、地下鉄今里筋線延伸予定区間にあたる今里~湯里六丁目間の需要の喚起・創出と、鉄道代替の可能性の検証のため、運行されるものです。運行区間は、今里~湯里六丁目を基本に、利用者の利便性向上と需要の喚起・創出につなげるため、地下鉄今里~杭全(くまた)~湯里六丁目~地下鉄長居間を結ぶ「長居ルート」と、地下鉄今里~杭全~あべの橋間を結ぶ「あべの橋ルート」の2ルートが設定されます。

所要時間は、「長居ルート」の地下鉄今里~地下鉄長居間が約37分、「あべの橋ルート」の地下鉄今里~あべの橋間が約25分です。停留場は、地下鉄並みの約1キロメートル間隔に、今里~湯里六丁目間のみに設置し、杭全~あべの橋間と湯里六丁目~地下鉄長居間には設置しません。

運転間隔は、今里筋線の運行間隔を考慮し、平日の7時台から18時台までは、「長居ルート」、「あべの橋ルート」ともに約20分間隔、平日のその他の時間帯および土日休日は「長居ルート」、「あべの橋ルート」ともに約30分間隔とします。両ルートが併走する地下鉄今里~杭全間は、平日の7時台から18時台は約10分間隔、それ以外は約15分間隔となります。

運賃は大人210円、小児110円で、全区間均一です。現金のほか、PiTaPa、ICOCAなど全国相互利用サービスに加盟するICカード、大阪市が発行する敬老優待乗車証や障がい者等の交通機関乗車料金福祉措置による乗車証、Osaka Metroまたは大阪シティバスが発行する回数カード、バス回数券、1日乗車券、バス定期券、地下鉄・BRT連絡定期券、地下鉄・バス連絡定期券、共通全線定期券、各種企画乗車券が使用できます。

また、 ICカードで地下鉄と連続して利用する場合は160円割引、大阪シティバスと乗り継ぐ場合は210円割引が適用されます。

社会実験では、毎年度利用状況等を確認ながら需要の定着などを考慮し、実験開始から3年程度経過時に効果検証を行い、必要な需要の喚起・創出策を講じるほか、5年程度経過時に再度効果検証を行い、今後の対応方針を決定するとしています。

期日: 2019/04/01から

ニュースURL

全国走破めざしませんか!?

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ