東武鉄道、正月はDL「大樹」に限定ヘッドークを掲出 記念乗車証配布も

画像:正月限定ヘッドマーク イメージ
正月限定ヘッドマーク イメージ

©東武鉄道

東武鉄道は2019年1月1日(火・祝)、DL「大樹」における正月イベント「DL大樹で迎えるお正月」を開催、記念ヘッドマークの掲出や車内装飾、観光アテンダントの着物の着用などを実施します。

1月1日(火・祝)には、DL「大樹」1号から6号までの車内で記念乗車証が配布されるほか、各列車に乗務するSL観光アテンダントが着物を着用し、お手製の「お正月グリーティングカード」を配布します。

また、鬼怒川温泉駅前においては、DL大樹1号到着からDL大樹2号発車までの9時30分から11時30分と、DL大樹3号到着からDL大樹4号発車までの13時30分から14時30分に、振る舞い酒が実施されます。各回、地酒約600杯と甘酒約500杯が、DL大樹オリジナル紙コップに入れて提供されます。

振る舞い酒が実施される時間帯には、猪肉が入った味噌仕立ての汁物である「ぼたん汁」が有料で提供されます。値段は1杯300円ですが、DL大樹の乗客は100円となります。ぼたん汁は各回300杯限定です。

ヘッドマークの掲出は、1月1日(火・祝)、1月2日(水)の2日間実施されます。デザインは正月限定のものとして「平成31年 元旦」などの文字がレイアウトされたものとなる予定です。同列車の客車内には、正月飾りの装飾が施されます。詳しくは、東武鉄道のウェブサイトを参照ください。

期日: 2019/01/01 〜 2019/01/02

ニュースURL

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: