大糸線の臨時駅「ヤナバスキー場前」駅、3月ダイヤ改正で廃止に

画像:大糸線
大糸線

©RailLab News

JR東日本は2019年3月16日(土)、各路線のダイヤ改正に合わせ、大糸線の臨時駅であるヤナバスキー場前駅を廃止します。

ヤナバスキー場前駅は、1985年に開業した長野県大町市の臨時駅です。ヤナバスキー場の営業にあわせて使用されていましたが、2016年度以降、スキー場の休業伴い、停車列車が無くなっていました。

駅廃止は、スキー場の営業休止が続いていることから決定されたもので、約33年の歴史に幕を下ろします。

期日: 2019/03/16まで

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)