鉄道車内への刃物の持ち込みは禁止へ 鉄道各社が手回り品ルール変更

画像:東海道新幹線 イメージ
東海道新幹線 イメージ

©RailLab News

JRグループや大手私鉄、各地の交通局、日本民営鉄道協会、日本地下鉄協会などは、2018年12月27日(木)、手回り品のルールを2019年4月1日(月)に改正し、刃物などを鉄道車両に持ち込むことを禁止すると発表しました。

これは、2018年6月9日(土)に東海道新幹線の「のぞみ265号」の車内で、刃物による殺傷事件が発生したことを受けて、鉄道運輸規程が改定されるため、実施される措置です。

新たに持ち込み禁止となるものは、包丁類、ナイフ類、なた、鎌、はさみ、のこぎりなどで、他の乗客に対し、危害を及ぼす恐れがないように梱包されたものを除くとしています。

また、手回り品の中に、他の乗客に危害を及ぼす恐れがないように梱包されていない刃物を収納している疑いがある場合には、鉄道係員が手回り品の内容を点検する場合があるとしています。

■手回り品のルールを変更すると発表した鉄道会社・団体
JR北海道、JR東日本、JR東海、JR西日本、JR四国、JR九州、東武鉄道、西武鉄道、京成電鉄、京王電鉄、小田急電鉄、東京急行電鉄、東京メトロ、相模鉄道、名古屋鉄道、近畿日本鉄道、南海電気鉄道、京阪電気鉄道、阪急電鉄、阪神電気鉄道、西日本鉄道、新京成電鉄、札幌市交通局、仙台市交通局、東京都交通局、横浜市交通局、名古屋市交通局、京都市交通局、Osaka Metro、神戸市交通局、福岡市交通局、東葉高速鉄道、埼玉高速鉄道、横浜高速鉄道、首都圏新都市鉄道、日本民営鉄道協会、日本地下鉄協会

期日: 2019/04/01から

ニュースURL

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ

最終更新日: