JR東日本、上越新幹線にE7系を導入 E4系は2020年度末までに廃止へ

ニュース画像:上越新幹線に新しく投入されるE7系(左)と引退するE4系(右) - 「JR東日本、上越新幹線にE7系を導入 E4系は2020年度末までに廃止へ」
上越新幹線に新しく投入されるE7系(左)と引退するE4系(右)

©JR東日本

JR東日本は2017年4月4日(火)、2018年度から2020年度にかけて上越新幹線の車両置き換えを実施すると発表しました。置き換えの対象となるのは、上越新幹線で運用されているE4系車両で、2020年末までに全ての車両がE7系に置き換えられます。

上越新幹線に投入させるE7系新幹線は、北陸新幹線に既に投入されている E7系車両と同一仕様となり、12両編成で「グランクラス」付き車両が投入される予定です。投入車両数は11編成132両となる予定です。この置き換えにより、上越新幹線では初めて全座席で電源コンセント設置などが見込まれます。

置き換えによりE4系は全車両が廃止され、2020年末には、上越新幹線はE7系またはE2系車両での運用になります。

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ