京急、2020年3月に4駅の駅名を変更 新逗子駅は「逗子・葉山駅」へ

ニュース画像:変更駅の駅名看板 イメージ - 「京急、2020年3月に4駅の駅名を変更 新逗子駅は「逗子・葉山駅」へ」
変更駅の駅名看板 イメージ

©京急電鉄

京浜急行電鉄は2019年1月25日(金)に、4つの駅の名称を2020年3月に変更すると発表しました。対象となる駅は2018年9月に既に発表されていた産業道路駅のほか、花月園前駅、仲木戸駅、新逗子駅です。

駅名決定に関しては、2018年9月から10月にかけて、沿線の小中学生を対象に募集した「わがまち駅名募集」を参考に選定しています。「わがまち駅名募集」には総数1,119件の応募があり、決定した駅名は、産業道路駅が「大師橋駅」、花月園前駅が「花月総持寺駅」、仲木戸駅が「京急東神奈川駅」、新逗子駅が「逗子・葉山駅」となります。

産業道路駅は、大師線連続立体交差事業により、駅の形態が大きく変わることから、当初から名称の変更が決定されていました。新駅名の「大師橋駅」は、川崎市と、隣接する東京都大田区の間に架かる橋の名称で、地元のシンボルにもなっています。

花月園前駅の由来となった「花月園」は、かつて東洋一の遊園地、その後は競輪場として、賑わいましたが、2010年に競輪場が閉場し、新たな街づくりが計画されていました。そこで、曹洞宗大本山として全国に知られており、駅から徒歩7分の場所にある「總持寺」を駅名に入れています。なお、「花月総持寺駅」の駅名には、通用漢字を用いています。

仲木戸駅は、JR東日本の東神奈川駅に隣接しているにも関わらず、十分に乗り換え可能な駅として認識されてこなかったから、名称を変更することになりました。乗り間違えを防ぐため、社名を入れ「京急東神奈川駅」とします。

「逗子・葉山駅」で、採用された葉山町は逗子市の隣町ですが、三浦半島の更なるイメージ向上と定住人口・交流人口増により、地域活性化を図ることや、羽田空港からの直行電車の終端駅のため、多くの利用者に景勝地である「葉山」へのアクセスポイントでもあることをアピールするため、変更されます。

なお、駅名変更を実施しない駅も、「わがまち駅名募集」の応募内容により、誘客促進に繋がると判断した10駅には、副駅名を設定することが同時に発表されています。

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ