「ことちゃんひやく号」、3月6日で運行終了 さよなら運転を実施

画像:「ことちゃんひやく号」
「ことちゃんひやく号」

©高松琴平電気鉄道

高松琴平電気鉄道は2019年3月3日(日)、「ことちゃんひやく号さよなら運転」などのイベントを実施します。

これは、開業100年を記念した「ことちゃんひやく号」が、約8年の運行を終え、2019年3月6日(水)に運行終了となることに合わせ実施されるものです。場所は、ことでん仏生山駅の東駐車場と「さよなら運転」臨時列車内で、時間は10時から12時45分です。

さよなら運転は、仏生山〜滝宮間を一往復するもので、仏生山駅を11時27分に出発し、12時45分に帰着します。乗車するには、大人200枚、小人100枚、計300枚限定で発売される「ことちゃんひやく号記念きっぷ」が必要です。きっぷの販売に際し、当日の9時30分から、仏生山駅の東駐車場特設ブースにて整理券が配布されます。

当日はほかにも、「ことちゃんひやく号寄せ書き会」が実施されるほか、限定20セットのオリジナルドーナツが販売されます。イベントには「ことちゃん」と「ことみちゃん」が来場し、臨時列車にも同乗します。

期日: 2019/03/03

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)