東京メトロ、3月16日に5路線でダイヤ改正を実施へ

画像:改正路線の形式
改正路線の形式

©東京メトロ

東京メトロは2019年3月16日(土)に、日比谷線、半蔵門線、有楽町線、副都心線、南北線の5路線のダイヤを変更します。同日は東武鉄道や西武鉄道など、相互直通運転を行う各社でもダイヤ改正が予定されています。

日比谷線は小規模な改正で、平日・土休日共通で、一部列車の時刻変更を実施します。

半蔵門線は、平日・土休日共通で、一部列車の時刻変更が基本ですが、平日は渋谷~押上間に6時台から7時台にかけて1往復、16時台から18時台にかけて2往復増発します。

有楽町線も平日・土休日共通で、一部列車の時刻変更が基本ですが、平日は有料座席指定列車「S-TRAIN」の運行時刻の変更や普通列車の延長運転を行います。

このうち、「S-TRAIN」は、夕夜間帯の豊洲行きの運行を取り止め、朝時間帯に西武線からの豊洲行きを1本運転します。朝の増発列車は「S-TRAIN104号」で、運転時刻は所沢8時37分発、飯田橋9時25分着、有楽町9時36分着、豊洲9時46分着です。普通列車は、豊洲行きの1本を新木場まで延長運転します。

副都心線は、平日・土休日共通で、一部列車の時刻変更が基本ですが、土休日では東武東上線直通列車の一部を森林公園行きから小川町行きに変更し、運転区間を延長します。

南北線は、平日6時台に運転されている東急目黒線内~白金高輪間の回送列車1本を営業列車とし、東急目黒線からの直通列車に変更するほか、18時台の埼玉高速鉄道線浦和美園駅発の白金高輪駅行きの列車1本を東急目黒線との直通列車にします。また、最終列車の赤羽岩淵行きは、浦和美園まで延長運転を行います。

一方で、そのほかの埼玉高速鉄道線に直通運転する列車は大幅に見直します。平日は日中時間帯の埼玉高速鉄道線方面行き15本を赤羽岩淵止まりに、土休日は9時から21時までの埼玉高速鉄道線方面行き28本を赤羽岩淵止まりと運転区間を短縮します。

期日: 2019/03/16から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)