JR九州、新型車両821系の運行開始日を3月16日に決定

画像:821系 イメージ
821系 イメージ

©JR九州

JR九州は2019年2月6日(水)に、新型車両の821系について、3月16日(土)から運行開始すると発表しました。主な運行区間は、鹿児島本線の小倉~荒尾間です。

同形式は、最新技術のフルSiCを搭載し、消費電力量を低減した近郊型交流電車です。415系と比較し、消費電力量を約70パーセント低減、主変換装置(CI)や補助電源装置(SIV)の冗長性、信頼性による安全・安定輸送の確保が図られています。

当面の運行列車は、JR九州のウェブサイトで紹介されており、平日は上り5本、下り4本が、休日は下り4本、上り4本の予定です。大半の列車は811系と併結した7両編成で運転されますが、博多駅に23時58分に到着する久留米発博多行きの普通列車と、博多駅22時18分着、22時20分発で運転される小倉発久留米行きの快速列車のうち鳥栖~久留間では、821系単独の3両編成で運転されます。

期日: 2019/03/16から

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)