東海道・山陽新幹線、一部区間の「回数券」などを3月末に販売終了へ

JR東海とJR西日本は2019年2月8日(金)、東海道・山陽新幹線を利用区間とした「新幹線回数券」について、一部区間の商品を3月31日(日)販売分をもって、終了とすると発表しました。JR東海はネット予約サービスの進展に伴い、利用が少ない区間を終了すると説明しています。

同様の理由で、名古屋(市内)発着の「岡山たびきっぷ」、「広島たびきっぷ」、「山口たびきっぷ」、三島、新富士、静岡、掛川、浜松、京都(市内)、新大阪(市内)、神戸(市内)、姫路、岡山、福山、広島(市内)、新山口発着の「リニア・鉄道館☆往復きっぷ」、豊橋、三河安城、名古屋(市内)、岐阜羽島、京都(市内)、新大阪(市内)発着の「富士山フリーきっぷ」、大阪(市内)および神姫ゾーン発着の「長崎・佐世保往復フリーきっぷ」、「佐賀往復きっぷ」も、3月31日(日)利用開始分をもって、販売を終了します。

JR東海では、今後の利用はネット予約サービス「エクスプレス予約」および「スマートEX」を利用するように呼びかけています。なお、「新幹線回数券」で販売終了する対象区間は、下記に記載する27区間です。

■「新幹線回数券」の販売終了区間
<グリーン車用>
・東京(都区内)~徳山、新山口、小倉(市内)、博多(市内)
・新横浜(市内)~新大阪(市内)
・名古屋(市内)~小倉(市内)、博多(市内)

<普通車指定席用>
・新横浜(市内)~姫路、岡山、福山、広島(市内)、新山口、小倉(市内)、博多(市内)
・静岡~岡山、広島(市内)
・浜松~岡山、広島(市内)
・名古屋~新倉敷、徳山、新山口

<普通車自由席用>
・三島~新神戸(市内)
・静岡~新神戸(市内)
・浜松~新神戸(市内)、西明石、姫路
・岐阜羽島~新神戸(市内)

期日: 2019/03/31まで

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)