JR東日本、アプリとホームページで「駅混雑状況」を配信開始

画像:「駅混雑状況」 イメージ
「駅混雑状況」 イメージ

©JR東日本

JR東日本は2019年2月12日(火)から、同社のスマートフォンアプリ「JR東日本アプリ」と、ホームページで「駅混雑状況」の情報配信を開始します。

これは、輸送障害の発生時など駅の混雑が予測される際、駅構内の混雑状況の映像やグラフをリアルタイムに確認できます。これにより、乗客が駅に向かう時間の変更や他社線、他交通機関の利用などの判断が下しやすくなります。

配信内容は、プライバシー加工を施した画像データを約1分周期の静止画を配信する「駅構内カメラ映像」と、過去の曜日・時間毎の混雑度データと当日の時間毎の混雑度データをもとに、1時間単位の平均混雑状況と当日の混雑状況をグラフで表した「混雑度グラフ」です。

配信対象の駅と場所は、新宿駅の南口と西口、品川駅の京急線連絡口と北口山手線階段、舞浜駅の北口と南口です。

「JR東日本アプリ」の対応OSは、iOSが「iOS 10.0以上」、Androidが「Android OS4.2以上」です。

期日: 2019/02/12から

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)