埼玉高速鉄道、フジゼロックススーパーカップ開催で臨時ダイヤ

画像:埼玉高速鉄道
埼玉高速鉄道

©RailLab ニュース

埼玉高速鉄道は2019年2月16日(土)、浦和美園駅最寄りの「埼玉スタジアム2002」で、サッカーの「FUJI XEROX SUPER CUP 2019(フジゼロックススーパーカップ)」の「川崎フロンターレ vs. 浦和レッズ」の試合が開催されることから、臨時ダイヤで運行します。

試合開始は13時35分のため、往路は11時台から13時台にかけ、東京メトロ南北線白金高輪方面からの赤羽岩淵行きの5本、鳩ヶ谷行きの6本、合計11本が浦和美園行きとして延長運転されるほか、鳩ヶ谷発浦和美園行きの列車が5本増発されます。

試合終了後の帰宅時間帯では、復路の電車として、浦和美園発の列車が増発されます。15時台から17時台にかけて、本来は赤羽岩淵始発の列車5本、鳩ヶ谷始発の列車6本が浦和美園始発として延長運転されるほか、浦和美園発市ケ谷行きが4本、鳩ヶ谷行きが3本、増発されます。

当日は混雑が予想されることから、浦和美園駅では通常は使用されない3番線も特別に使用されます。復路輸送では、延長戦やPK戦となった場合など試合展開により、使用ホームを変更する可能性があるほか、安全確保のため入場制限を実施する場合もあります。

期日: 2019/02/16

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)