神戸市営地下鉄6000形、2月16日に運転開始 一番列車は西神中央発

画像:6000形
6000形

©神戸市交通局

神戸市交通局は2019年2月8日(金)、西神・山手線の新型車両の6000形について、2月16日(土)から営業運転を開始すると発表しました。

6000形は、西神・山手線用の車両としては3000形以来、25年振りとなる新型車両です。火災対策の強化など、安全性が向上されているほか、客室内には、車椅子やベビーカーが利用しやすい優先スペース、優先座席が設けられています。また、各種照明にLEDを採用するなど、省エネルギー性にも配慮しています。

運転最初の列車は、西神中央駅10時7分発の列車です。当日は営業運行開始を記念し、ヘッドマークを掲出して運行します。

期日: 2019/02/16から

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)