「ド・コ・デ・モ 急須感覚 椀茶」、新商品「大井川鐵道椀茶」販売へ

画像:「大井川鐵道椀茶」イメージ
「大井川鐵道椀茶」イメージ

©クイック

ティーバッグと紙製カップを組みわせた「ド・コ・デ・モ 急須感覚 椀茶」の企画・開発・製造を行うクイックは、大井川鐡道と共同で、2019年2月より大井川鐵道沿線の美味しい茶葉を使用した「大井川鐵道椀茶」を発売します。

「ド・コ・デ・モ 急須感覚 椀茶」は、急須と同等の本格的な日本茶(リーフ)を、スタイリッシュなカップで楽しめる商品で、お湯を注ぐだけでいつでも、どこでも美味しい日本茶が味わえます。さらに中に入っているティーバッグは、一般的に発売されているティーバッグよりも多くの茶葉を使用し、300ミリリットル1カップの計算で、3杯分合計900ミリリットルのお茶を楽しめます。

現在、販売中の商品は、国内の有名な茶産地である静岡茶、宇治茶、狭山茶、八女茶、加賀棒茶、知覧茶、朝宮茶をラインナップしており、いずれの高級茶葉も地元茶葉を知り尽くした茶師が監修し、一般の方々でも産地の違いを楽しめるよう特別なブレンドを行っています。

新商品の「大井川鐵道椀茶」では、川根茶と金谷茶をベースにしており、観光客に本場茶処の名に相応しいお茶を提供できるようになります。販売開始時は、大井川鐵道 新金谷駅前に所在する「プラザロコ」と千頭駅で取り扱われ、運行区間内に無料で利用できる数カ所の給湯サービス所を設け提供します。販売カップの容量は最大で約370ミリリットルで、賞味保証期間は60日です。価格はオープンプライスとされています。

■椀茶|wan-cha - 紹介ムービー (201705版)

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)