「風っこ」と「THE ROYAL EXPRESS」、北海道で運転へ

ニュース画像:THE ROYAL EXPRESS - 「「風っこ」と「THE ROYAL EXPRESS」、北海道で運転へ」
THE ROYAL EXPRESS

©JR北海道

JR北海道、JR東日本、東急電鉄、JR貨物の4社は2019年2月12日(火)に連名でプレスリリースを発表し、北海道胆振東部地震の影響を受けた北海道を応援するため、観光振興と地域活性化を目的とした、観光列車の走行プロジェクトを立ち上げたと発表しました。

具体的には、JR北海道が、JR東日本の「びゅうコースター風っこ」と、東急電鉄の運営を行っている伊豆急2100系「THE ROYAL EXPRESS」を両社から借り受け、北海道内で走らせる計画です。

JR北海道が運行に関わる業務と現地でのおもてなし体制など全体統括を行い、JR東日本と東急電鉄が既存の観光列車を提供し運営等に携わります。JR貨物は北海道まで回送運搬を担当します。鉄道事業者4社が協力する例のない取り組みです。

「びゅうコースター風っこ」は2019年7月から9月までの土・日・祝日の15日間に、宗谷本線の旭川~音威子府間または音威子府~稚内間で運転します。運転時には「北海道の恵み」シリーズとの併結が予定されています。

「THE ROYAL EXPRESS」は、2020年5月から8月までの間のうちの約1カ月間、週4日間程度の運転を想定しています。 運転区間は札幌~道東エリア間で、非電化区間を走ることから、ディーゼル機関車で牽引し、サービス電源用の電源車を連結します。

旅行商品の販売は、「びゅうコースター風っこ」が2019年春頃、「THE ROYAL EXPRESS」が2019年冬頃の予定です。

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)