北海道&東日本パス、2019年の発売は2月20日から 3月から利用可

ニュース画像:北海道&東日本パス パンフレット - 「北海道&東日本パス、2019年の発売は2月20日から 3月から利用可」
北海道&東日本パス パンフレット

©JR東日本

JR北海道とJR東日本は2019年2月13日(水)、企画乗車券「北海道&東日本パス」を、2019年度も、販売すると発表しました。今年度も春季、夏季、冬季の3期間にわけて発売されます。価格は、大人10,850円、小児5,420円です。

「北海道&東日本パス」は、連続する7日間有効で、JR北海道、JR東日本全線に加え、青い森鉄道、IGRいわて銀河鉄道、北越急行の普通・快速列車の普通車自由席が乗り降り自由になる乗車券です。別売される「北海道&東日本パス北海道線特急オプション券」 を購入することで、北海道新幹線の新函館北斗~新青森間の立席と、北海道内の在来線の特急列車の普通車自由席も利用できるようになります。オプション券は、1日のみの有効で、価格は大人6,000円、小児3,000円です。なお、奥羽本線の青森~新青森間、石勝線の新得~新夕張間は特例として、特急・急行列車の普通車自由席に乗車することができます。

「北海道&東日本パス」は、春季の販売が2月20日(水)から4月16日(火)まで、利用可能期間は3月1日(金)から4月22日(月)まで、夏季の販売が6月20日(木)から9月24日(月)まで、利用期間は7月1日(月)から9月30日(月)、冬季の販売が12月1日(日)から2020年1月4日(土)まで、利用期間は12月10日(火)から2020年1月10日(金)です。

オプション券の利用可能期間は、基本的には「北海道&東日本パス」と同じですが、夏休みシーズンの8月1日(土)から8月19日(月)までと、年末年始シーズンの12月28日(金)から2020年1月6日(月)までの期間は利用できません。

■「北海道&東日本パス」の販売期間と利用可能期間
<春季>
販売期間:2019年2月20日(水)~2019年4月16日(火)
利用期間:2019年3月1日(金)~2019年4月22日(月)

<夏季>
販売期間:2019年6月20日(木)~2019年9月24日(月)
利用期間:2019年7月1日(月)~2019年9月30日(月)
※8月1日(木)から8月19日(月)まで、オプション券利用不可

<冬季>
販売期間:2019年12月1日(日)~2020年1月4日(土)
利用期間:2019年12月10日(火)~2020年1月10日(金)
※12月28日(金)から2020年1月6日(月)まで、オプション券利用不可

期日: 2019/02/20 〜 2020/01/04

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)