東京メトロ、2023年度までに半蔵門線全駅でホームドア設置へ

東京メトロは2017年5月10日(水)、半蔵門線全駅のホームドア設置計画を決定し、2023年度までに全14駅に整備すると公表しました。

東京メトロでは、全路線を対象としてホームドアの設置を推進、これまで丸ノ内線、有楽町線、南北線、副都心線の全駅で設置が完了しているほか、銀座線、日比谷線、東西線、千代田線についても設置計画が発表されていました。今回発表された半蔵門線のホームドア設置計画は、東急の6扉車両が直通運転で乗り入れる兼ね合いなどからホームドアの設置がなかった半蔵門線全14駅を対象とするもので、2017年度からの設置開始が予定されています。

半蔵門線に設置されるホームドアは、透過型ハーフハイトタイプのもで、整備完了は2023年度の予定です。具体的には、九段下駅が2017年度下期、青山一丁目駅、表参道駅、渋谷駅、永田町駅、半蔵門駅が2018年度、押上駅が2019年度、大手町駅、三越前駅、錦糸町駅が2020年度、神保町駅、水天宮前駅、清澄白河駅、住吉駅では2023年度までに設置完了する計画です。

なお、半蔵門線の設置計画により、東京メトロにおけるホームドア整備率は2020年夏までに74パーセント、2023年度末までに91パーセントとなる予定です。

ニュースURL

東京メトロ半蔵門線で走行する8000系車両

関連ジャンル(

関連ジャンル(鉄道会社

関連ジャンル(鉄道路線

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日: