広島電鉄、宮島線3駅と市内電車1停留場で名称変更へ 4月1日

ニュース画像:広島電鉄 - 「広島電鉄、宮島線3駅と市内電車1停留場で名称変更へ 4月1日」
広島電鉄

©RailLab ニュース

広島電鉄は2019年4月1日(月)に、宮島線の3駅と市内電車の江波線の1停留場について、名称を変更すると発表しました。

宮島線の駅名変更では、修大附属鈴峯前駅が「修大協創中高前」駅に、山陽女子大前駅が「山陽女学園前」駅に変わります。また、広電阿品駅~広電宮島口駅に所在し、競艇のレース開催時に停車する競艇場前駅も「宮島ボートレース場」駅に変更されます。江波線は、舟入南町停留場が「舟入南」に変わります。

変更の理由について、同社は名称の由来となった学校名や施設名、所在町名が変更されたためとしています。

なお、今回の変更に伴い、駅・電停の移設や運賃は変更されないほか、旧駅名・旧電停名が記載されている定期券や各種乗車券は、有効期間満了までそのまま利用できます。

期日: 2019/04/01から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ