東武、往復割引運賃と東京メトロの1日乗車券セットをPASMO対応に

画像:東武鉄道 イメージ
東武鉄道 イメージ

©RailLab ニュース

東武鉄道は2019年3月16日(土)から、同社線の往復割引運賃と東京メトロの1日乗車券がセットになった企画乗車券「東武東京メトロパス」、「東上東京メトロパス」について、これまでの磁気乗車券に加え、ICカード「PASMO」に情報を書き込む形での販売も行うと発表しました。これにより、ICカード専用の自動改札機を通過できるようになります。

「東武東京メトロパス」は、東武スカイツリーライン・東武アーバンパークライン・伊勢崎線・日光線系統の駅のうち、浅草、とうきょうスカイツリー、押上、北千住、渡瀬、治良門橋、相老、赤城、野州大塚、板荷、新藤原の各駅と駅員無配置駅を除いた駅で販売、「東上東京メトロパス」は、池袋、和光市、寄居、越生を除く、東上線・越生線の各駅で販売されます。

対象の「PASMO」は無記名のものも含まれますが、定期券情報が付加されたものは、情報を書き込むことができません。なお、「東武東京メトロパス」は、東武スカイツリーラインの北千住~浅草間と曳舟~押上間、「東上東京メトロパス」は、東上線の和光市~池袋間も1日乗り降り自由です。

期日: 2019/03/16から

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)