東京メトロ、iPadの活用範囲を拡大 ワンマン路線の運転士も携行へ

画像:iPadの活用 イメージ
iPadの活用 イメージ

©東京メトロ

東京メトロは2019年3月16日(土)から、乗客への案内充実化を目的に、ワンマン路線の運転士がiPadを活用した案内を開始します。

同社では、乗客への案内サービスの品質向上、訪日外国人への対応強化、社員間の迅速な情報共有を図ることを目的に、2010年からサービスマネージャー、2015年から駅社員、2018年から車掌が、それぞれiPadを活用しています。

今回は、更なるサービス品質の向上、各種マニュアルなどの電子化を目的にワンマン路線の運転士がiPadを携行します。導入対象は、丸ノ内線、南北線、副都心線と、有楽町線和光市~小竹向原間、千代田線の北綾瀬~綾瀬間を運転する3両編成の列車です。

導入端末は9.7インチのiPadで、台数は約300台です。搭載する機能は、リアルタイムな運行情報の把握のため、東京メトロアプリ、JR東日本アプリ、小田急アプリ、東武線アプリ、東急線アプリ、京王アプリを設定するほか、運行情報メールなどを活用し、列車の在線情報やリアルタイムな運行情報の把握に努めるほか、乗務員が開発した多言語異常時案内アプリを活用し、輸送障害等発生時の訪日外国人への案内強化します。また、点検マニュアルなどを電子化し、紙の使用量の削減を図ります。

期日: 2019/03/16から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)