首都圏の鉄道各社、五輪・パラリンピック期間中は終電延長を検討へ

ニュース画像:終電の延長を検討している路線 - 「首都圏の鉄道各社、五輪・パラリンピック期間中は終電延長を検討へ」
終電の延長を検討している路線

©東京都

東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会と、東京都オリンピック・パラリンピック準備局は、2019年3月15日(金)に、それぞれ報道発表を行い、2020年に開催される東京オリンピック・パラリンピックの開催期間中の観客輸送に関連して、首都圏の鉄道事業者とともに、深夜時間帯の列車の運行について、協議および調整を行っており、その概略がまとまったと発表しました。

対象の期間は、オリンピックの開会式が行われる2020年7月24日(金)の深夜から、同大会の閉会式が実施される8月9日(日)の深夜までです。通常時の終電終了後の深夜時間帯に運行を検討している鉄道事業者は、JR東日本、東武鉄道、西武鉄道、京成電鉄、京王電鉄、小田急電鉄、東京急行電鉄、京浜急行電鉄、東京メトロ、相模鉄道、北総鉄道、東京モノレール、ゆりかもめ、横浜高速鉄道、東京臨海高速鉄道、首都圏新都市鉄道、埼玉高速鉄道、東京都交通局、横浜市交通局の計19局です。

東京メトロ、都営地下鉄、横浜市営地下鉄の各線およびJR山手線、JR京浜東北線、JR武蔵野線、JR横浜線、りんかい線、ゆりかもめは上下線、内外回りでの運行を、JR山手線から、放射状に伸びる各路線は、郊外方向に向かう下り列車の運行を検討しています。また、大会期間中の最終列車は平日・土休日とも、同時刻での運行が検討されています。運転時間帯は、JR山手線と、東京メトロ、都営地下鉄の各線が概ね2時過ぎまで、その他の路線が概ね1時台から2時頃までの運行を想定しています。

なお東京都は、深夜時間帯の列車運行を検討している路線および運行時間の目安で、変更する可能性があり、事故や悪天候などの場合には、運行を中止する場合があるとしています。また、今回公表したエリア以外についても、現在検討が進められています。

期日: 2020/07/24 〜 2020/08/09

ニュースURL

レイルラボ メンバーサービスのご紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

乗りつぶし、しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離はもちろん、自動計算!簡単に、写真やメモを添えて記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)