東急電鉄、定期券うりば待ち時間がわかるサービス アプリで配信開始

ニュース画像:定期券駅視-vision - 「東急電鉄、定期券うりば待ち時間がわかるサービス アプリで配信開始」
定期券駅視-vision

©東急電鉄

東京急行電鉄は2019年3月18日(月)から、同社のスマートフォン向けアプリ「東急線アプリ」で、定期券うりばの待ち時間がわかるサービス「定期券駅視-vision」の配信を開始しました。

このサービスは、全16カ所ある東急線の定期券うりばの駅構内カメラから画像を取得し、人物を検出し、その人数からおおよその待ち時間を計測し、配信します。配信時間は10時から20時です。

同社は事前にスマートフォンなどから、購入する通勤・通学定期券の情報と、購入者の情報を入力することで、PASMO定期券を自宅近くの駅の券売機で購入できるサービス「定期券ネット予約サービス」の活用も呼びかけています。

■配信対象の定期券うりば(全16カ所)
渋谷、自由が丘、武蔵小杉、日吉、横浜、目黒、三軒茶屋、二子玉川、溝の口、鷺沼、あざみ野、青葉台、長津田、大井町、五反田、蒲田

期日: 2019/03/18から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ