京都鉄道博物館、QRコードで読み取る「多言語ガイドサービス」を開始

画像:展示品付近に設置されたQRコードの例
展示品付近に設置されたQRコードの例

©JR西日本

京都鉄道博物館は2019年3月16日(土)から、展示概要を多言語で解説する「多言語ガイドサービス」を導入しました。

このサービスは、館内に設置されたQRコードを来館者がスマートフォンなどで読み取ることで、それぞれの展示品などの解説ページが表示されるものです。QRコードは、館内の79カ所に設置されました。言語は、日本語のほか、英語、中国語の繁体字と簡体字、韓国語の合計5言語に対応します。利用料は無料です。

なお、同館では1台500円で、音声ガイドの貸出も行っています。こちらの対応言語は、日本語、英語、中国語、韓国語です。本館1階のインフォーメーションで受付をしています。

期日: 2019/03/16から

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)