仙台市交通局、地下鉄、市バスの運賃改定へ 消費税引き上げに伴い

ニュース画像:仙台市営地下鉄 - 「仙台市交通局、地下鉄、市バスの運賃改定へ 消費税引き上げに伴い」
仙台市営地下鉄

©RailLab ニュース

仙台市交通局は、消費税率引き上げに伴い、2019年10月1日(火)に市バスと地下鉄の運賃を改定すると発表しました。

今後国土交通大臣に対し運賃の変更認可申請を行い、認可を経たのち、正式に決定となります。定期券の金額など、詳しい改定内容については、認可申請後に発表されます。発表時期は6月の予定です。

地下鉄は2区以外、10円増となる予定です。1区が現行200円のところ210円に、2区は250円のまま、3区は300円のところ310円に、4区は330円のところ340円に、5区は360円のところ370円になります。定期旅客運賃は、おおむね2パーセントを上限に改定される予定です。

期日: 2019/10/01から

ニュースURL

レイルラボ サービス紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)