ALFA-X、仙台〜新⻘森間で試運転 時速400kmの走行も

画像:ALFA-X デザイン
ALFA-X デザイン

©JR東日本

JR東日本は2019年3月22日(金)、次世代新幹線の開発を進めるための試験⾞両であるE956形「ALFA-X」について、2019年5月に車両が落成し、東北新幹線の仙台〜新⻘森間で試運転を開始すると公表しました。

「ALFA-X」の⾛⾏試験は2019年5⽉から2022年3⽉にかけて、東北新幹線の仙台〜新⻘森間を中⼼に実施されます。営業列⾞の⾛⾏しない夜間の⾛⾏を基本に、週2回程度実施される計画です。

⾛⾏速度は、⾞両性能試験のため数回程度、最⾼で時速400キロメートルの⾛⾏を⾏うほか、最⾼時速360キロメートルまでの走行試験も実施される計画です。

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

お持ちの鉄道写真を、投稿・公開してみませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

あなたの鉄道フォトを公開・投稿してみませんか?
レイルラボ 会員登録(無料)で、簡単に鉄道フォトの投稿・公開が可能です。
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)