名鉄の新年度設備投資計画 新通勤車の製造 名古屋駅4線化予算など

ニュース画像:9500系、外観 - 「名鉄の新年度設備投資計画 新通勤車の製造 名古屋駅4線化予算など」
9500系、外観

©名古屋鉄道

名古屋鉄道は2019年3月25日(月)、2019年度の設備投資計画を発表しました。総額393億円のうち、172億円を鉄道事業に投資します。

旅客安全・運転保安工事は101億円で、名古屋本線金山駅にホームドアの設置に向けた検討をはじめ、知立駅、喜多山駅、布袋駅の高架化の推進、踏切道保安設備の新設・更新、災害対策の推進、土木施設の改良、電気施設の改良などを行います。

サービス改善工事等は71億円で、同社初の車内防犯カメラ、多言語に対応した車内案内表示器、無料Wi-Fi サービス「MEITETSU FREE Wi-Fi」を搭載した新型通勤車両9500系を16両新造するほか、特別車両券「ミューチケット」のインターネット予約の導入、多言語対応案内機器や案内標識の多言語化などのインバウンド受入環境の整備、新安城駅の橋上化、豊川稲荷駅の駅舎建替え、味美駅や水野駅の駅舎新設・改良、新那加駅と小牧口駅のバリアフリー化、神宮前駅のホーム改良、西枇杷島駅のホーム改良と駅舎建て替え、女性従業員用宿泊施設の整備などに着手します。

また、鉄道事業費とは別に、名古屋駅再開発の具体化に向けた計画の推進費用を含む20億円が計上されました。あわせて名鉄は同日に「名鉄名古屋駅4線化計画」を公表し、3面2線と手狭な名鉄名古屋駅の4線化を推進する方針です。

ニュースURL

溜まっていませんか、鉄道写真!?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ