JR東、AIチャットボットBebotを伊豆クレイルと停車駅8駅へ導入

ニュース画像:AIチャットボット「Bebot」 - 「JR東、AIチャットボットBebotを伊豆クレイルと停車駅8駅へ導入」
AIチャットボット「Bebot」

©ジェイアール東日本企画

ジェイアール東日本企画は2019年3月28日(木)、訪日外国人向けAIチャットコンシェルジュ「Bebot」を、JR東日本が運行するリゾート列車「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」と、停車駅である熱海駅など8駅に導入しました。

これにより、英語で「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」や停車駅の観光情報をチャットで入手することが可能となり、伊豆エリアのインバウンド需要の増加を踏まえたインフラ整備の一助となることを目指します。

今回導入されたのはリゾート列車「IZU CRAILE(伊豆クレイル)」と、停車駅となるJR東日本の小田原駅、熱海駅、伊東駅、伊豆急行線の伊豆高原駅、伊豆熱川駅、伊豆稲取駅、河津駅、伊豆急下田駅です。車内や停車駅に掲出されたQRコードを介したスマートフォンのブラウザ画面を通じて、伊豆クレイルの車内サービスに関する情報や沿線の観光スポットなどを手軽に英語で取得することができます。iOSとAndroidに対応しており、利用は無料です。

期日: 2019/03/28から

ニュースURL

簡単に記録・集計できます!

鉄道の旅を記録しませんか?
乗車距離は自動計算!写真やメモを添えてカンタンに記録できます。
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ