広島観光に便利な「広島たびパス」、広島電鉄などが発売へ

広島電鉄は2019年4月15日(月)から、広島県内と山口県岩国エリアを周遊できる国内観光客向けの乗車券「広島たびパス」を、同地域のバス会社と共同で販売します。

「広島たびパス」は、2015年7月から販売している乗り放題乗車券「広島ピースパス」の後継商品です。「広島ピースパス」で乗車できた広電の電車全線、広島市近郊の路線バスに加え、宮島に向かう宮島松大汽船、JR西日本宮島フェリーの船舶や、広島県内の広範囲の路線バス、高速バスが乗車できます。

券種は、1日間有効で販売価格1,000円の「広島たびパス1dayパス」、連続2日間有効で4,000円の「広島たびパス2dayパス」、連続3日間有効で8,000円の「広島たび3dayパス」の3種類があります。

利用可能範囲は、券種により異なり、「1dayパス」は広電の電車全線、広島市近郊の路線バス、宮島に向かう船舶、「2dayパス」は「1dayパス」の範囲に加え、広島県西部・北部の路線バス、山口県岩国エリアの路線バス、「3dayパス」は「2dayパス」の範囲に加え、広島県東部の路線バスが利用できます。高速バスは県内の指定と路線に限り、広島市内~広島空港を結ぶ「広島空港リムジンバス」などは利用できません。「2dayパス」は2回まで、「3dayパス」は、4回までの回数制限もあります。

販売期間は2020年3月31日(火)までです。販売場所は、広島駅南口交通案内所、JR広島駅新幹線口1階の交通案内所「バスきっぷ売り場」、広島バスセンター、広島電鉄の定期券窓口などです。利用開始日の7日前から購入でき、購入時に利用開始日を指定する必要があります。

期日: 2019/04/15 〜 2020/03/31

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ