平成時代のお召列車の写真展、品川の「キヤノンギャラリー」で開催

日本鉄道写真作家協会(JRPS)は、2019年4月5日(金)から5月13日(月)まで、写真展「お召し~平成に仕えた車両たち~」 を開催しています。

この写真展は、鉄道写真をベースに活動する職業写真家団体であるJRPSの会員が撮影した「平成のお召列車の写真」や「平成の御乗用列車の写真」を展示するものです。

「お召列車」は、車両設備をはじめ、運行に際しての警備面などあらゆる面で特別な列車であることはもちろん、丹精に整備され磨き上げられた姿から、多くの国民を魅了しています。また、普段一般の定期列車として運用している車両も、天皇・皇后両陛下の行幸啓のため、活躍した車両も存在します。今回は、そのような車両や列車の姿を会員独自の目線で撮影した作品を、まとめています。

会場は、東京・港区の「キヤノンSタワー」1階の「品川キヤノンオープンギャラリー1」です。開館時間は10時から17時30分までで、日曜・祝日はゴールデンウイーク期間も含め休館となります。

なお、6月6日(木)から6月12日(水)まで、大阪市北区の「キヤノンギャラリー大阪」でも開催予定です。

期日: 2019/04/05 〜 2019/04/13

ニュースURL

あなたは、乗り鉄 or 撮り鉄?

乗り鉄なら鉄レコ 撮り鉄なら鉄道フォト

メンバー登録(無料)
レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ