相鉄12000系、4月20日運行開始 一番列車は海老名10時53分発

ニュース画像:相鉄12000系 - 「相鉄12000系、4月20日運行開始 一番列車は海老名10時53分発」
相鉄12000系

©相模鉄道

相模鉄道は2019年4月20日(土)から、JR線直通用の新型車両「12000系」の運行を開始します。

同日は「64運行」に入ります。一番列車は海老名10時53分発急行横浜行きの「1046列車」です。横浜到着後は折り返し、同駅11時31分発快速湘南台行きの「2721列車」の運用に就き、いずみ野線にも営業運転として、初入線します。同日は、横浜~海老名間の急行で4.5往復、横浜~湘南台間の快速で3往復、二俣川発横浜行きの各停で1本の運行を行います。

12000系は、11月30日(土)以降、西谷~羽沢横浜国大~武蔵小杉間を結ぶ新線と、JRの貨物線を経由し、新宿方面に直通運転を行う予定です。同日までは、相鉄線内で運用を行います。運行番号、運行時刻は、相模鉄道のウェブサイトに掲載されています。

期日: 2019/04/20から

ニュースURL

レイルラボ 機能紹介

関連記事

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)