専用新幹線「北海道すずかぜ号」で行く函館・洞爺・登別の旅、7月催行へ

ニュース画像:専用臨時新幹線「北海道すずかぜ号」イメージ - 「専用新幹線「北海道すずかぜ号」で行く函館・洞爺・登別の旅、7月催行へ」
専用臨時新幹線「北海道すずかぜ号」イメージ

©JR東日本 仙台支社

JR東日本仙台支社とびゅうトラベルサービスは2019年4月25日(木)から、宇都宮〜新函館北斗間の往復団体専用臨時新幹線「北海道すずかぜ号」で行く函館・洞爺・登別の旅、全10コースを発売します。

今回、設定された旅行商品は、出発日が7月5日(金)限定の、1泊2日と2泊3日のコースです。普通車利用コースは、「函館市電・函館バス2日乗車券」と「定期観光バス函館夜景号乗車券」が付いた「フリータイム函館2日間」コースが40,500円から44,200円、虎杖浜やニセコの道の駅へ行く「たっぷり登別・ニセコ2日間」コースが56,000円から67,400円などで設定されています。

また、グランクラス・グリーン車利用コースでは、ハイクラス旅館「登別温泉郷滝乃家」に宿泊する「グランクラスで行く大人の美食と芸術の旅2日間」が143,000円から145,000円、全長250キロメートルの街道に点在する庭園を巡る「グリーン車+航空機で行く初夏の北海道ガーデン街道富良野・十勝3日間」コースが120,800円から164,800円などで設定されています。

販売は、JR仙台支社ウェブサイト「おすすめの旅」のほか、宮城県、福島県、山形県の主な駅にあるびゅうプラザ、びゅう予約センターで受け付けます。発売開始は4月25日(木)の14時からです。

期日: 2019/04/25から

ニュースURL

サービスのご紹介(レイルラボ )

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルのトップページ

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

最終更新日:

Recommend おすすめコンテンツ

全線走破、目指しませんか?

レイルラボで鉄道写真を投稿・公開してみませんか?

みなさん、 距離は自動計算、鉄道要覧に基づく路線管理、乗りつぶしの決定版「鉄レコ」です!
みんなの鉄レコを見る

メンバー登録(無料)