JR東日本、次世代新幹線の試験車両 E956形「ALFA-X」を新造へ 2019年春落成

ニュース画像:先頭⾞両の形状のイメージ 上がAタイプ、下がBタイプ - 「JR東日本、次世代新幹線の試験車両 E956形「ALFA-X」を新造へ 2019年春落成」
先頭⾞両の形状のイメージ 上がAタイプ、下がBタイプ

©JR東日本

JR東日本は2017年7月4日(火)、次世代新幹線の実現に向けた試験⾞両として「E956形」10両編成を新造すると発表しました。試験車両は愛称「ALFA-X(アルファエックス、Advanced Labs for Frontline Activity in rail eXperimentation)」として、2019年春に落成する予定です。

試験車両は、地震時にいち早く停止するための開発品や、脱線しにくくするための開発品が搭載されるほか、動揺防⽌制御装置や傾斜制御装置を搭載し、営業運転での時速360キロメートルでの走行の可能性を技術的に検証します。

また、トンネル突⼊時の圧⼒波の抑制を目的として、新たな先頭⾞両の形状が検証される予定です。製造される試験車両は、先端部分が長い「Aタイプ」と、先端部分が平坦な「Bタイプ」の2種類で、2005年に製造された試験車両「FASTECH 360 S」の様に、両端の先頭形状が異なる編成として開発されることが想定されます。

JR東日本では、「ALFA-X」の開発により、安全、⾼速な移動⼿段に加えて、新幹線車両における「新たな価値の提供」を目指すとしています。

ニュースURL

あなたの貴重な写真、後世にのこしませんか?

お持ちの鉄道写真を投稿・公開しませんか?
みんなの鉄道フォトを見る

メンバー登録(無料)

もっと、詳しく見る!

関連ジャンルニュース

このニュースの関連ジャンルのニュースを紹介しています。

Recommend おすすめコンテンツ